ライフスタイル

デジタルアーティストBeepleの経歴や作品について解説

デジタルアーティストBeepleの経歴や作品について解説

デジタルアーティストとして有名な「Beeple」さんはご存知ですか?

2021年のアメリカ時間3月11日にBeepleさんのNFTアートがオークションで6900万ドル(約75億円)の値を付けたことで彼の存在を初めて知ったという方も多いのではないでしょうか?

Beepleさんは「#everydays」という毎日絵を投稿する活動をしていることでも知られています。

彼のアートは多くの人に知られ有名になりましたが、実際にどんな人物であるかや作品がどのような意味を持つのかについてはあまり知られていません。

そこで今回はBeepleさんの経歴や作品について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

Beepleとは何者か

Beepleとは何者か

BeepleさんはEverydaysプロジェクトで描いているアート以外にも「VJループ、短編映像、VR / AR」などの様々なアートワークを手掛けています。

肩書きはグラフィックデザイナーですが、デジタルアーティストでもありアニメーターでもあります。

Beepleさんの作品は3Dで描かれる幻想的でサイバーパンクのような作風が特徴で、ときおり社会的に影響力のあるキャラクター・人物・企業などをモチーフにした作品の制作もされています。

また、彼のVJループなどの一部の作品はCCライセンスになっており素材の再利用などが認められています。

 

Beepleのプロフィールとアート作品

顔写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

beeple(@beeple_crap)がシェアした投稿

活動名Beeple (BeepleCrap)
本名Mike Winkelmann (マイク・ヴィンケルマン)
国籍アメリカ
生年月日1981年6月20日
年齢
ホームページ
Instagramhttps://www.instagram.com/beeple_crap/
Youtubehttps://www.youtube.com/beeple
Twitter@beeple
Tumblrhttps://beeple.tumblr.com/
Behancehttps://www.behance.net/beeple
Facebookhttps://www.facebook.com/beeple
Opensea
https://opensea.io/beeple

 

Everydays

 

この投稿をInstagramで見る

 

beeple(@beeple_crap)がシェアした投稿

YEAR OF THE DOG

 

この投稿をInstagramで見る

 

beeple(@beeple_crap)がシェアした投稿

EMOJI WARFARE

 

この投稿をInstagramで見る

 

beeple(@beeple_crap)がシェアした投稿

SPACEWALK

他のEverydays作品を見る

 

VJループ

DVDE

gerschwinn

glass ladder

他のVJループ作品を見る

 

Beeple作品の著作権

Beeple作品の著作権

Beepleさんが作成したVJループはCCライセンスのもとにリリースされており、商用利用・否商用利用の両方で使うことができます。

ただし音声の権利はそれぞれの所有者が保持しているので、念のため動画のオーディをクレジットを確認しておくことをオススメします。

無償で提供されているVJループの動画はBeepleさんの公式サイトか、「VJ CLIPS」から見たりダウンロードすることが可能です。

 

Beepleの経歴

幼少期ヴィンケルマンは1981年6月20日にアメリカのウィスコンシン州ノースフォンドデュラックに生まれます。

父は電気技師、母はシニアセンターで働く仕事をしていました。

大学時代ヴィンケルマンはインディアナ州にある「パデュー大学」のコンピューターサイエンス科を専攻し2003年に卒業しました。
Everydaysプロジェクト開始2007年5月1日から毎日作品を制作する「#everydays」を開始するようになります。
NFT販売開始2020年2月にNFT作品の販売を開始します。

その後、2021年3月11日に「Everydays」の5000日分のコラージュ作品であるNFTがオークションで6900万ドル(約75億円)の値を付けました。

 

まとめ

Beepleさんの経歴や作品について解説してきましたが、いかがでしたか?

著名なアーティストにもかかわらず作品をCCライセンスで公開されているのは素晴らしいですね。

ちなみにVJの分野ではリアルタイムに映像を描画する技術もありますので、興味のある方は「TouchDesigner」というソフトを検索してみてください。

今回の記事がデジタルアートやVJに興味がある人や、これから挑戦してみようと思っている方に参考になれば幸いです。それでは、皆さん良いアートライフを!

 

22万本以上の見放題作品と毎月貰える1200ポイントでお得に

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

-ライフスタイル

Copyright© Geek-WebSite.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.