ライフスタイル

050で始まる電話番号とは「どこから?危険性は?」の疑問に答えます

050で始まる電話番号とは「どこから?危険性は?」の疑問に答えます

050で始まる電話番号とは何なのか疑問に思ったことはありませんか?

結論から先に言いますと、050で始まる電話番号の正体は「IP電話」と呼ばれる特殊な番号です。

050で始まる電話番号は、皆さんが普段使っている番号とは違う仕組みで動いているため、個人的な用途以外で使用されることが多い電話番号なのです。

また、電話番号が簡単に手に入りやすく運用も楽なため詐欺電話として使われるケースもあります。

しかし、全ての050から始まる電話番号が危険というわけではありません。

そこでIP電話の特徴や、どのような危険性があるのかについて詳しく解説していきたいと思います。

 

 

IP電話とは何か?どんな仕組み?

IP電話とは何か?どんな仕組み?

IP電話とは「VoIP (Voice over Internet Protocol)」と呼ばれる通信方式を利用した電話サービスのことでして、インターネット接続した状態で音声のやり取りを行います。

IP電話はプロバイダーから提供されており、よく使われるサービスとしては「050 plus」「LaLa Call」「SMARTalk」などがあります。

IP電話はインターネット回線をアプリを介して使うことができるので、一台の携帯電話・スマートフォンで2つの電話番号を持つことができるという特徴があります。

そのような特徴から、ビジネス用とプライベートで端末を分けることなく使いたい方や、社用携帯の調達・管理などのコストを削減するために利用されます。

ちなみに、IP電話は固定電話でも利用でき、音声以外にも動画でのやり取りなども可能です。

 

IP電話のメリット

  • 音声以外にも動画のやり取りが行える
  • 通話料が安価
  • 電話番号の入手・削除が簡単

 

IP電話のデメリット

  • フリーダイアルや緊急通報には発信できない
  • FAXが使えない

 

050で始まる電話番号はどこからの着信?

050で始まる電話番号はどこからの着信?

050で始まる電話番号はビジネスで使われることが多い電話番号ですので、そういった番号から着信はほとんどの場合セールスや勧誘の電話です。

例えば、ウォーターサーバーのセールス電話やマンション投資に関する勧誘電話であったりと、電話をかけてくる業者や話の内容も非常に様々です。

それ以外にもIP電話は入手や削除が容易なため詐欺で使われることもあり、振り込み詐欺や警察を装い銀行の口座情報を聞き出したりしてお金を騙しとる手口に利用される場合があります。

 

050で始まる電話番号は全て危険なのか?

050で始まる電話番号は全て危険なのか?

先ほど050で始まる電話番号は主にビジネス用途で使われることが多く、セールスの電話であることがほとんどだと説明しましたが、全ての電話番号が迷惑をかけてくる番号とは限りません。

実際に大手企業も050から始まる電話番号を使っており、相談窓口や問い合わせ用の電話番号としても活用されています。

例えば、「法テラス」「いのちの電話」など社会的に重要な役割を果たす電話も050から始まる番号で繋がるので、このことから全てが危険とは限らないことが分かります。

その他にも050で始まる番号はいくつかありますので、気になる方は以下の表をご覧ください。

 

公式に050で始める電話番号を使っている企業や団体

 ソニーストア お客様窓口
オンキヨー株式会社 電話相談窓口
050-3161-9555
JRA(日本中央競馬会)
株式会社コーエーテクモホールディングス050-3131-1588
シャープ お客様相談室050-3852-5405
JR東日本お問い合わせセンター
日本いのちの電話連盟 いのちの電話050-3655-0279
法テラス本部050-3383-5333
日立 お客様相談センター050-3155-1111

 

050で始まる電話番号の発信元を調べる方法

050で始まる電話番号の発信元を調べる方法

050で始まる電話番号はIP電話であるため、発信元やエリアなどを特定することは難しいです。

ですが、Google検索をかけてサイトに掲載されている情報を見たり、Twitterなどのリアルタイム性が高いサービスで検索をかけることで、発信元をある程度詳しく調べることが可能です。

それ以外にも「jpnumber」「電話帳ナビ」などの電話番号の口コミ・評判を調べることができるサービスの利用もオススメです。

また、電話に着信が入った段階で発信元を識別できる「Whoscall」というアプリもあるので、合わせて使うことで発信元を特定する精度を上げることができます。

発信元が分からない番号の識別と迷惑電話を自動ブロックしてくれる「Whoscall」がスゴイ!!
発信元が分からない番号の識別と迷惑電話を自動ブロックしてくれる「Whoscall」がスゴイ!!

皆さんは、迷惑な営業電話や詐欺のような危ない電話がかかってきた経験はありませんか? 見知らぬ番号から突然電話がかかってくると怖いですし、登録していない電話番号からの着信に不安を感じてしまい出られなくな ...

続きを見る

 

Twiterを使った電話番号の検索方法

Twiterを使った電話番号の検索方法

発信元を詳細に調べる方法として最も有効な手段がTwitterを使うことです。

なぜかと言うとTwitterは日本人のユーザーが多く、まだGoogle検索やWebサイトなどに掲載されていないリアルタイムな情報を探し出すことができるためです。

また、Twitter検索で電話の発信元を調べる方法として普通の検索機能は使わずに「高度な検索」を使い日付や除外するキーワードを決めて検索することがコツです。

 

050で始まる電話に出てしまった場合の対処方法

050で始まる電話に出てしまった場合の対処方法

もしも050で始まる電話番号に出てしまった場合は状況に応じていくつか対処方法があります。

Whoscallなどの着信時に発信元が分かるアプリを入れておけば突然の電話でも対処しやすいですし、一度出てしまい不快に思った番号は口コミや評判をネットで調べてみて次にかかって来ても出ないようしておくか、念のため着信拒否に登録しておくことをオススメします。

 

営業電話の場合

営業電話の場合

セールスや勧誘などの営業電話に出てしまった場合は話が進み切る前(質問を受けている初期段階)で「何が目的の電話ですか?」と聞いて必要がないと分かれば早々に「必要ありません。営業電話はかけてこないでください。」と言ってしまうことです。

もしも、質問を聞きすぎてしまうと相手のペースに乗せられてしまうので早めに相手の目的を聞いて対処することがポイントです。

ちなみに「営業電話はかけてこないでください。」と言っても電話番号のリストが出回っているので、また同じような営業電話がかかってくる可能性があります。

あまりにかかって来て出なけれならない電話が埋もれてしまう場合は、迷惑電話をAIが自動識別してくれるWhoscallなどで抜本的な対策を取る必要があります。

 

怪しい電話の場合

怪しい電話の場合

オレオレ詐欺などの「親族、銀行員、警察官」などを装い現金を騙し取る特殊詐欺は相手を焦らせたり不安にさせたりするので場合によっては信用してしまいそうなのですが、半信半疑で出てしまった場合は直ぐに警察に電話して相談することがオススメです。

また、自動で不審な電話番号をシャットアウトしてくれるWhoscallをスマホに入れておけば、このような問題にそもそも巻き込まれることを減らすことができるので最も有効な手段と言えます。

 

まとめ

ここまで050で始まる電話番号は何なのか、どこからかかって来る電話なのかについて解説してきましたが、いかがでしたか?

基本的に050で始まる番号に出てもメリットはありませんが、場合によっては出るべき電話な場合もありますので一旦保留にしておいてネットで口コミや評判を調べてからかけ直すかの判断をすると良いでしょう。

また、詐欺などの電話はなかなか真偽の判断が難しい場合もありますので、Whoscallなどの番号の発信元を識別できるアプリをインストールしておくことをオススメします。

 

【31日間無料】U-NEXTで話題の映画、アニメ、漫画を見まくろう!

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

  • この記事を書いた人

ゲンキ

物作りと情報発信が好きなWEBエンジニア。
高卒で肉体労働や不安定な職を転々とする生活の中、一念発起し独学でプログラミングの学習を開始。
低学歴・学習能力ゼロ・貯金ゼロ・人脈ゼロ・語彙力ゼロ・コミュ力無し・PCスキル無し・うつ病・HSP・発達障害(ASD / ADHD)という極限状態に絶望するも、自力でスキルを身に付ける努力を続ける。
プログラミング習得後はWEB制作(フロントエンド / バックエンドの実装)の仕事をして、休みの日は、趣味でアプリの開発をしたり、日々学んだことをブログとして、まとめる生活をしています。

-ライフスタイル

Copyright© Webサイトで稼ぐ技術 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.