ライフスタイル

電車で起こる「座られない」「座ってくるな」などの隣人トラブルを本気で解決する方法

電車で起こる「座られない」「座ってくるな」などの隣人トラブルを本気で解決する方法

皆さんは電車で移動している時に「何で誰も隣の座席空いているのに座らないんだろう?」「おっさんばかり隣の座席に座ってくるな」などと思うような経験をされたことはありますか?

それは偶然ではなく、あなたの容姿や行動に原因があるかもしれません。

特に頻度が高いほど可能性が高く、困っているようであれば改善策を実施されることをオススメします。

と言いますのも、そのようなことが通勤・通学などで毎日続くことになれば、悪い思い込みによって「あなたの自尊心や自己肯定感を著しく低下させる原因になるからです。」

そこで今回は、電車の座席で起こる隣人トラブルを解決する方法について解説していきます。

電車での移動中や待ち時間が「暇すぎる」と感じた人にオススメしたい暇つぶしアプリ
電車での移動中や待ち時間が「暇すぎる」と感じた人にオススメしたい暇つぶしアプリ

電車での移動中や待ち時間で暇を感じていませんか? 何もせずにただボーッとしてるのって、なんだか時間を無駄にしている感じがしますよね。 手元にあるスマホで何か暇つぶしができたらいいなと思う一方で、「どん ...

続きを見る

 

 

【座られない人向け】席が空いてるのに誰も来ない人の特徴

【座られない人向け】席が空いてるのに誰も来ない人の特徴

隣の座席が空いているにも関わらず座られない人には、いくつか共通する特徴があります。

主に外見や行動に問題があるのですが、考えすぎの場合もあるので身近な人に普段自分がどういう風に見えてるかや「HSP診断テスト」などを受けて客観的に自分を見直す機会を設けると良いでしょう。

また、下記では「電車で隣に座られない人」の気が付きにくい特徴と簡単な解決策について列挙していますので、参考にしてみてください。

 

読書、ゲーム、パソコンなどに忙しそう

読書、ゲーム、パソコンなどに忙しそう

読書と言って大きめの横幅を取る本であったり、ゲームであれば音ゲーやFPSゲームなどの集中が必要なものに没頭していて、周りが見えていないような人は乗客達から避けられる傾向にあります。

また、電車の中でパソコンをして「仕事忙しいアピール (本当に忙しい場合もある)」「俺、私カッコいいだろアピール」などをしている人も隣に座られない傾向にあります。

対処法としては、本であれば「小説、電子書籍、オーディオブックなどのスペースを取らない読み方に変えるなどが有効でして、スマホであれば片手で出来るゲームに切り替えて、あまり前のめりにならないことがポイントです。

パソコンに関しては、電車内で操作すること自体がマナー違反に近いので、移動中は可能であればタブレットPCなどで作業されることをオススメします。

 

聴いている音が外に漏れている

聴いている音が外に漏れている

イヤホンやヘッドフォンで聴いている音が外に漏れている場合は人が寄って来にくくなります。

イヤホンによっては音漏れを起こす浅いタイプのものもありますし、そもそも音が大きすぎて外に漏れ出ている可能性があります。

また、あるあるですがイヤホンジャックにしっかりと線が刺さっていなかったり、Bluetoothのペアリングがなされておらず、音がダダ漏れの場合もありますので、音楽などを聴く際は事前に音漏れを起こしていないか確認してから使用するようにしましょう。

ちなみに、どうしても音漏れしてないか気になる人は、他人に聞かれても恥ずかしくない音を聴くなどのことにも気を配った方が良いかもしれません。

 

音漏れを防止できるイヤホン

ノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホン

イヤホンの詳細を見る

 

不潔な見た目やダサい服装をしている

不潔な見た目やダサい服装をしている

不潔な見た目やダサい服装をしている状態は「隣に座られない人」の中で最も多い特徴です。

この状態は本人が無自覚でいることが多く、知らないうちに不快感を与えている可能性があります。

不潔な見た目とは、主に髪型がバサバサで何もセットされていなかったり、髪に多く油分を含んでいるような状態の方のことなのですが、この状態を改善するためには美容室なので清潔感のある髪型にしてもらったり、正しいセットの仕方や髪の手入れについて教えてもらうと良いでしょう。

服装に関しては、ファッションについて鈍感な方であれば出来るだけ清潔感のある明るい色を基調としたトップスを着て、ボトムスなどは無難な「UNIQLO (ユニクロ)」のジーンズや「Vans (ヴァンズ)」のスニーカーなどで合わせると良いでしょう。

ここまで聞いても半信半疑かもしれませんが、案外周りの乗客の方達は色々細かい所まで見ていることが多いので「座られるようになる」ためには最低限の努力は必要です。



 

苦手な人が多い匂いを発している

苦手な人が多い匂いを発している

苦手な人が多い匂いとは、主に汗やの匂いやワキガのような強い体臭、好みが分かれる香水の香り、アルコールや食べ物、タバコなどの匂いを身に纏っている人のことです。

中でも臭い体臭を発している人は、男女共に避けられる傾向にあるので短期的には制汗剤ワキガクリームなどで対策をし、最終的に食生活や運動などで生活習慣の見直しを図ると良いでしょう。

香水で好き嫌いが分かれる香りやキツめの匂いを付けている方は、さりげなく香る程度のナチュラル系の香水などを使うのが良いでしょう。

また、飲食物の匂いやタバコの匂いを発している場合は、ある程度は仕方ないことではありますが、それ自体を持ち込まないか乗車位置を隅の席にするなどの工夫で対処しましょう。



 

顔が怖かったり、姿勢が悪かったりと態度が悪そう

顔が怖かったり、姿勢が悪かったりと態度が悪そう

電車内で傷害事件を起こす可能性のある人物として、怖い顔の人や座り方がダラシなく横柄な態度を取っているように見える人は距離を取って避けられることが多いです。

顔が怖いというのは、単に顔の作りが怖いというよりも緊張などによって強張った表情になっている状態のことでして、そういった人は座席に座っている時は仮眠をとりリラックスするようにするか、マスクなどで物理的に顔を隠すと良いでしょう。

また、座り方がダラシなく横柄な態度を取っているように見える人は、座席に寝そべるように座るのではなく腰まで深く座り姿勢が崩れない体勢をとるように心がけましょう。

 

目の動きがおかしかったり負のオーラを出している

目の動きがおかしかったり負のオーラを出している

日本人の場合、他国の人に比べて警戒心が強いので他人の視線や見た目を気にする人が多く、目の動きがキョロキョロしていたり負のオーラを発している人の隣にはあまり座って来ません。

まず、目の動きがキョロキョロしていることが周りの人にどういった印象を与えているかと言いますと、当然周りの人と目の合う回数が多くなるので「何か見られている!?」「気持ち悪い!!」などと警戒心をもたれてしまうのです。

ですので、そういった方は隣の席が埋まるまで目を閉じて「寝ているフリ」をするか、スマホなどを見て視線を下げた状態で一点に集中させると良いでしょう。

そして負のオーラを出している人とは、目が死んでいて近寄り難い人のことでして、こういった場合は目を見られたら終わってしまうので、先ほどと同様に目を閉じるかスマホや本を読むなどの視線を周りの人に与えないで済む工夫が必要になります。

 

【座られない人向け】自然に隣の席に座られる最強の方法

【座られない人向け】自然に隣の席に座られる最強の方法

先に結論から言いますと、座席の隣に座られない人が座られるようになる最強の方法は、先ほどからも挙げております「寝たフリ」をすることです。

なぜ寝たフリをするのが良いかと言いますと、座席に座ろうと思って乗車してくる人 (見た目を気にしない人は除く) は最初に相手の「相手の顔、相手の姿勢、乗車スペースの広さ」を気にしているのですが、寝たフリは「表情が伺えない、よく見る姿勢、コンパクトな体制」などの状態を取れるので、相手は警戒心を無くし安心して座ってしまうのです。

ですが、単に寝たフリをしていては時間を無駄に過ごしてしまいメリットが少ないので、本を耳で聴けるオーディオブックなどで隙間時間を有効活用すると良いでしょう。

すきま時間を有効活用したいなら本を耳で聴ける「オーディオブック」がオススメ
すきま時間を有効活用したいなら本を耳で聴ける「オーディオブック」がオススメ

皆さんは通勤中や通学中などの日常のちょっとした隙間時間は何をして過ごしていますか? 多くの人はスマホで音楽を聴いていたり、本やニュースサイトを見るなどして情報取集の時間に当てているのではないでしょうか ...

続きを見る

 

【座られたくない人向け】電車の座席で快適に過ごす方法

【座られたくない人向け】電車の座席で快適に過ごす方法

ここまで「座られない人」の悩みについて解説してきましたが、反対にここからは「座られたくない人」に解決方法をアドバイスしていきたいと思います。

前もって言っておきますと、「座られたくない人」とは座席の隣に誰も座ってほしくない人や、よく変な人が隣に座ってきて困っている人のことです。

座られない人達からすると贅沢な悩みのように感じますが、これも多くの人が抱いている悩みなのです。

特に女性の方は「座られたくない」と思っている方が多く「盗撮や痴漢」などの迷惑行為に対する警戒心もあり、このような感情になることが多いです。

 

荷物を隣に置いてスペースを確保する

荷物を隣に置いてスペースを確保する

まず、誰も隣の座席に座って欲しくない場合は「荷物を隣に置いてワンスペース確保する」と良いでしょう。

なぜかと言いますと、変な人が隣に座ってきたとしても間に荷物をかますことができるので、相手と物理的に距離を取ることができるからです。

ポイントとしては座席の一番隅に座り、荷物を空いている反対側に置くことです。

そうすることで、どちらか一方にしか座られることがないので快適に乗車することができます。

ただし注意点としては、混雑する駅や時間帯によってはこの方法を使うと周りの利用客に迷惑がかかってしまうので、時間帯や乗車する車両の混み具合を見て実践しましょう。

 

乗車する車両を変更する

乗車する車両を変更する

次に有効なのが、乗車する車両を変えてしまうやり方です。

ポイントとしては進行方向とは逆の車両に乗ることでして、一番後方の車両か二番目の車両に乗車すると「人が少ない = 変な人も少ない」状態になるのでオススメです。

また、女性であれば「女性専用車両」を利用できますので、随分変な人に遭遇する確率が減りますから利用できる場合は積極的に活用しましょう。

ただし「優先座席や車椅子マーク」には変な人が集まってくる可能性が高いので、その種類の車両だけは避けるようにしましょう。

 

乗車する時間帯をずらす

乗車する時間帯をずらす

特定の人物が座ってくる場合や、これまでの2つの解決策が使えない場合は電車に乗車する時間帯を変更してしまう方法がオススメです。

とは言っても、通勤や通学の時間が決まっていて、なかなか変えることが出来ないという方は一本後の電車ではなく一本前の電車に乗車すると良いでしょう。

そうすれば、好きな座席に座れる確率も上がりますし、変な人 (特定の人物) に出会うこともないはずです。

 

まとめ

今回は電車の座席で起こる隣人トラブル (座られない、座られたくない) を解決する方法について解説してきましたが、いかがでしたか?

電車は人が集まる場所ですのでトラブルも起きやすく危険な人も沢山いますので、「この人変だな」と思ったら真っ先に逃げるなどの積極的な行動をとりましょう。

また、「座られない人」は相手に不快感や与えたり、変な勘違いをされないように出来るだけ身なりや行動に気を配るように心がけましょう。

 

22万本以上の見放題作品と毎月貰える1200ポイントでお得に

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

-ライフスタイル

Copyright© Geek-WebSite.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.